売り切れ必至!カプリのシュークリームの人気の秘密を探ってみた

カプリのシュークリーム

河内長野市千代田で見つけたおしゃれな小さなお店。フランスにありそうなケーキ屋さんについ入ってしまい、陳列ケース内のかわいらしさに思わず買ってしまいました。

読んでいただければカプリの特徴あるシュークリームのこだわりがお解りいただけます。

カプリのシュークリームとは

河内長野市千代田で思わず買ったシューアラクレームカプリの4つのシュークリーム

4種類まとめて撮ってみました。

シューアラクレーム カプリの一番の特徴は丸くて小さくかわいい点です。

店主は当時21歳の専門学校を出て他店に修行に行かずに、いきなりオープンした言うからすごすぎます。

しかし、結果的に独創的な他店に無いシュークリームが出来上がったのだから言うことなしですね!

生地は「クッキーシュー」で丸くてかわいいシュークリームの上に薄いチョコレートが乗っています。

このチョコの模様でシュークリームの種類が解ります。うまく考えています。

もちもちではなく、ぱりぱりでなく、試行錯誤の結果、生まれたオーナー独自のお気に入りの生地がここにあります。

中身のクリームを損なわないと言うかその点にこだわった生地。そして8種類あるクリーム。ここにもパティシエとしての力量がものを言います。

きっと、オーナー兼パティシエ角島さんの感性の良さが売り切れ必至の人気店になったのでしょう。実際に見た瞬間、驚きました。思わず買ったのも自分でも納得しました。

シューアラクレーム カプリはこんなお店

2018年の5月にオープンしましたが、開店して3時間後には売り切れてしまうほどの人気店です。

注意をしないと見落としてしまうほど小さなお店ですが、デザインセンスは抜群でブルーのカラーリングがすばらしいお店で、周りの景観からは浮いています。すぐに発見できます。

木曜日が定休日で朝11:00~19:00の営業時間です。が、オープンして3時間くらいで完売するシュークリームもあるので予約するか午前中に行かれるのが賢明です。

memo
2019/12/7に藤井寺に新店舗がオープンしました。

カプリの定番シュークリームを食べてみた

今回、食べて気がついたのは、全体的に上品な味わいだということ。ほのかなと表現する方が適切です。嗜好は好みの問題です。リッチなティストを好まれる方は控えてください。

それでは思わず買ったシュークリームを紹介します。残念なのは今月のお勧めのモンブランが完売していて買えなかったことです。

聞くと毎月1点だけ1日に定番7種類に足すそうです。11月はモンブランでした。

12月の新しいティストはティラミスです。

河内長野に住んでいる方は是非買いに行ってください。可愛さは写真でわかってもらえても、美味しさは伝えるのが難しいところです。

写真での紹介でご勘弁を!

まずはシュークリームの定番のカスタードから

カスタード

シュークリームの定番のウカスタード

上に乗ったチョコで識別します。

カスタードのシュークリームの中身

割ってみると

ロイヤルミルクティ

カプリのロイヤルミルクティーのシュークリーム

チョコが白いのが目印

カプリのシュークリームを割った写真

スタッフの一番のお気に入り

キャラメル

カプリのキャラメルのシュークリーム

ほんのりとキャラメル香る上品なお味

キャラメル味のシュークリームを割った中身の写真

さっくりした生地に合うキャラメルシュー

シューアラクレーム カプリのまとめ

全てにオシャレなシューアラクレーム カプリのシュークリームはさっくりクッキー生地と主張しすぎないクリームで話題満タンの河内長野市千代田のお店。インテリアやデザイン、カラーリングもこだわった店主の素顔が見えるお店です。

毎月発売される新味のシュークリームにも期待が持てます。南河内の有名店から大阪の有名店になって欲しいものです。

参考 クチコミシューアラクレーム カプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です