第7回サロン・ド・BULLは2019年12月14日(土)にリフォームのハヤシ河内長野店で開催

BABY FACEでガパオライスの相撲レスラーサイズを頼むはずが?

babyfaceの店頭の写真

河内長野で落ち着いてランチを食べるお店。それでいておなか一杯になるレストランのBABY FACEを紹介します。個室が完備されていてメニューも豊富。そのサイズもいろいろと選べる面白いレストランを紹介します。

ブルちゃま

超大盛のオムライスで有名なお店です。アジアンテイストのメニューもあるし。
ブル店長にゴチになります!店長と個室で2人って色気無さすぎ!

ハタちゃん

ブルちゃま

食べるのに夢中になって写真を忘れないで!

BABY FACEはこんな人が使うお店

babyfaceの店内の写真

babyfaceはアジアンテイストの店内

もちろん1人で行ってもよいのですが、どんな風に利用するのか、またどんな人がむいているのかを考えてみました。

こんな人向きのお店かな
  1. 大勢で食べて飲んで楽しみたい方
  2. 女子会でいっぱい食べているのが恥ずかしい方
  3. 普通サイズでは満足しない方
  4. 個室でこっそり楽しみたい方

上記リストの答えは本文中にあります。

BABY FACEの店内の雰囲気

アジアンテイストのbabyfaceの店内

通路は暗いですが誘導灯があります。オシャレですよ。

見たまんまの外観です。アジアンです。入り口を入ってもアジアンです。

奈良にある古いお店はクラッシックな雰囲気だったんですが、ここの店内はアジアンでも料理は豊富になり無国籍料理、ごめんなさい!多国籍ですので!

BABY FACEの売りは半個室があることです。大食いを見られて恥ずかしい思いは心配無用です。女性の方に安心なお店です。

店内はランチタイムでも共有部分は結構照明を落としてムード満点です。でもご心配なく。誘導用に電球もありますので転倒の心配はありません。

BABY FACEのメニューの多さ

babyfaceのメニュ

ここのメニューの多さには驚かされます。専用のpdfにもなっています。そのジャンルは

baby faceのメニュー一覧
  • イタリア
  • ベトナム
  • インドネシア

多国籍料理ですが、人気はイタリアン。パスタ、オムライスといろいろ楽しめます。

アジアン系もベトナム料理のガパオライスやインドネシアのナシゴレン。定番はすべて押さえている充実ぶりです。

BABY FACEの注文サイズの決まりごと

  1. セレブサイズ 250g
  2. Sサイズ 500g
  3. レギュラーサイズ 750g
  4. 相撲レスラーサイズ 1kg

注文サイズがたくさんあるのは、大勢で来店した時にそれぞれが少しずつ食べれるように配慮しています。
もう一つはよく食べる方向きなんですね!

ただ、相撲レスラーサイズを頼んで1kgもお米を食べたらおデブまっしぐらです。

とは言え、サイズが選べるのはこのお店の大きな利点です。

BABY FACEのガパオライスは

babyfaceのガパオライス

このサイズでも結構なボリューム

babyfaceのガパオライスはオススメの一品。通常ですと少し量が物足りないのですが、ここは量が選べるので重宝します。

もう少し大好物のタイ料理のガパオライスについて説明します。

ガパオというのは、ハーブの名前なんです。日本名ではホーリーバジルというバジルの一種で、爽やかな香りでくせのない人気のハーブですが日本ではなかなか手に入らないため、代用としてイタリア料理にも使われるスウィートバジルを使うのが一般的です。

以外と知られてないのはガパオライスを日本語で言うと「バジル炒めご飯」になります。日本では、鶏肉を使用したガパオライスが多いですが、本場タイでは鶏肉のみならず、豚肉や魚介、キノコなど様々な食材が使われています。

赤ピーマンとバジルの緑、黄パプリカなども入っており見た目も綺麗です。材料を炒め合わせて、オイスターソースやナンプラーなどで味付けし、ご飯にかけていただきます。目玉焼きを乗せて食べるのが一般的なようです。

ガパオライス

タイ料理のガパオライスは、正式には「パッ・ガパオ」と呼ばれ、タイ語で「ผัดกะเพรา」と書きます。「炒める」「ホーリーバジル」の意味です。

タイのお店で「ガパオライス」と注文しても通じません。タイ料理は「鶏肉のバジル炒めご飯」などというように、食材をどのように調理しているかが料理名になります。有名なトムヤムクンも、「トム」=煮込む、「ヤム」」=混ぜる、「クン」=海老というふうに、「海老の混ぜ煮込み」というような料理名になっているんです。

「ガパオライス」と伝えてしまうと、「ホーリーバジルとご飯だけ」になってしまい、驚きますよ。ではどのように注文すればよいのでしょうか。オーソドックスな鶏肉のガパオライスが食べたいときは「カウ パッ ガパオ ガイ」と注文しましょう。「カウ」=ご飯、「パッ」=炒める、「ガパオ」=ホーリーバジル、「ガイ」=鶏肉。というふうに伝えてください。

BABY FACEのまとめ

babyfaceの良さは個室で色々と楽しめる点とメニューの豊富さにあります。また、良く食べられる方や数多くのメニューを食べたい方にぴったりのお店です。

それと本文には書いていませんが駐車場もありますので家族連れで来られるのにはピッタリです。雰囲気もアジアンテイストで落ち着きます。

ランチタイムのメニューも充実しているので近くへ来られたらお寄りください。関西に沢山あるのでWeb等で調べて行ってみましょう。絶対に満足間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です