富田林で一番おいしいお好み焼き屋のはんじょう

はんじょうのお店の外観写真

これから順番にブルちゃまおすすめのグルメスポットを紹介させていただきます。

ブルちゃま

はじめまして、ブルちゃまが富田林で一番おいしいお好み焼き屋を僕独自の見解で紹介します。
ブルちゃまの初ブログですね!楽しみにしてます。

ハタちゃん

はんじょうの定番メニューをブルーちゃまが紹介

 

はんじょう名物のはんじょう玉

いろんな具材が入っていて、おいしくて、とてもボリュームがあるので数人でシェアするのがお勧めです。はんじょうのお好み焼きは、店長が京都で修行して開店されているので、ふわっふわで食べやすく最高です。値段は¥1980になりますが、とてもおいしいです。
かつお節や青海苔を振りかける前のはんじょう焼きの写真です

ダブル玉子です

はんじょう焼の写真

ボリューム満天で豪華なはんじょう焼

お昼の定食 チャーハン定食(焼きそば付)

チャーハンと焼きそばがついていてボリューム満点で、チャーハンに関しては見た目はシンプルですが、しっかり味がついていておいしいです。値段は¥800です。 半ちゃん定食の写真

お昼の定食 味くらべ

通常より小さめですが、お好み焼きとオム焼きそば、両方食べれるのでお徳です。女性にはピッタリだと思います。値段は¥800です。
はんじょうのまとめ
お好み焼きはもちろんおいしいのですが、その他のメニューも実に豊富です。
一品メニューなども数多く取り揃えておりますので、一人で軽く一杯!なんて事もしやすいですし、ご家族、ご友人の方とお食事などいろいろなシーンで来店出来ます。
とにかくはんじょう玉が本当にオススメなので一度は食べてみてください。
このお店の評価
美味しさ
(4.5)
店内の雰囲気
(4.0)
交通の便
(5.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

謎のおっさん

関西は粉物文化と言われておるが、お好み焼きの語源は知っておるのか!
お好み焼のルーツは一銭焼き?

一銭焼きを知っているかな?水で溶いた小麦粉に刻みネギやちくわなどを乗せて薄く焼き、ウスターソースを塗ったものが「洋食」として売られていた。
当時は小麦粉やソース自体が珍しく、オシャレにネーミングされて洋食焼と呼ばれてたのじゃ!
それが子供のおやつや庶民に普及して、お好み焼きの元となったという説が有力なんじゃぞ。

起源はその後に色々な具材をお好みで入れたのでお好み焼きとなった説が一般的じゃ。それと、この種の料理を洋食と呼ぶのは西日本に限定されるため、おそらくは大阪が発祥と思われるのじゃ。

はんじょうの地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です